フォト
無料ブログはココログ

amazon

  • 3M スコッチ 超強力両面テープ
  • Asus Zenfone 5 LCD液晶ディスプレイスクリーン
  • メンテナンスツール
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 第三のビール何飲んでます?(トップバリュー) | トップページ | ジャムって高いですよね・・・。 (フレッツ) »

2011年1月 6日 (木)

携帯料金の隠された無駄を発見 (au)


携帯料金分かりにくいっちゅうねん!!

私は昨年仕事を辞めてから、毎月1万円以上支払っていた携帯料金がほぼゼロに近くなったので、節約の貯めにプランを最小のやつに変更していたんです。

私が使用している携帯はauのW44Tというかなり古いモデルで、サポートサイトで調べると52ヶ月(4年と4ヶ月)使用しているようです。

110106keitai

auは大きく分けて「シンプルコース」と「フルサポートコース」という料金プランが用意されています。
フルサポートコースというのは、基本料金は高いのですが、携帯購入金額の割引があったり、保険的なものが付加されていたりするのですが、要するに初期投資を抑えてユーザーを取り込もうとするコースのようです。
シンプルコースはその名の通り、従来通りのシンプルな買い方をするパターンで、携帯をあまり変更しない人などは、ランニングコストが安価である為、得になります。

つぎに料金プランですが、プランE、SS、S、M、L、LLと6種類あります。
これは無料通話がどれだけついてくるか、時間当たりの通話料がどれだけ安いかで選択することになります。
そもそも携帯の使用率が異様に低い私は無料通話などいりません。
ネットもパソコンでやるので、携帯のezwebなどはほぼ見ません。
仕事をしている時はLプランからLLプランで運用していましたが、主夫である現在は当然プランE、もしくはSSで充分です。(プランEは無料通話がつかない)
若干は電話することもあるだろうと思い、離職後はプランSSにプラン変更しておきました。

この他、auには誰でも割という基本料金が半額になる割引プランや、ガンガントーク(指定した携帯3件まで国内通話料無料)、家族割(家族間通話無料、無料通話の余った分を家族で分け合える等)などの割引プランがあります。
大半の人は、誰でも割と家族割あたりは、デフォルトで契約しちゃってると思います。

あとはメールやwebのパケット通信料のプランが「ダブル定額」と言われるもので、料金別に3種類(ダブル定額、同ライト、同スーパーライト)あります。

以上がauの料金プランのおおまかなシステムなんですが、ここからが本題です。

私が離職後に変更したプランは
・プランSS + 誰でも割 =  980円(50%割引適用後・1050円無料通話付)
・ダブル定額ライト     = 1050円(12500パケットまで定額)
で、これに
・ezweb基本料       =  315円(基本)
が加わり、あとは
・通話料の無料通話オーバー分と、パケット料金オーバー分
が加算されても殆ど上記の金額と大差無いだろう(3000円以内?)・・・と思っていたんです。

と・こ・ろ・が!

嫁に指摘されて先日気付いたんですが、毎月の請求が4000円~5000円超くらいの間をいったりきたりしているらしいのです。

おかしい・・・あきらかにおかしいぞぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??????

で!

調べたら、分かったんですよ。

発見その1

シンプルコースが開始された2007年11月12日以前に携帯を購入したユーザーは自動的に「フルサポートプラン」が適用されてしまうこと。

つまり私は昔からこの携帯を使っているので、自動的に「フルサポートプラン」が適用されていた、という訳です。つまりプランSSでも、基本料金は3780円で、誰でも割を適用しても、1890円も掛かるわけです。ほぼ2倍ですね。
それならば、基本料金の差額を考えたら、新たに機種変更でもした方が、シンプルプランに移行できるから良いのでは・・・と考えたのですが、新たな問題が。


発見その2

誰でも割は一度契約すると、2年間解除が出来ない。途中で解除する場合は解除料9975円が発生する。

発見その3
誰でも割は初回契約後2年経過すると、25ヶ月目中に解除を申し出ないと、自動的に2年間の延長契約となる。

というこっそりルールがあったんですよ。orz
パンフレットの下の方に、ホントにこっそり書かれてます。

じゃあ、私の携帯の2年縛りが解けるのはいつやねん!と思って、サポートサイトで調べると、今年の12月であることが判明しました。
あと12ヶ月は2倍の基本料金を払い続けるしか無いようです。

と、いうか過去3年間2倍払ってきたんですね・・・910円×36ヶ月=32760円!
トータルで4万以上も損をしていたと思うと、せつないですねぇ。

買った直後に機種変しても、下手すると得していたかもしれません。

ただ、今回調べているうちに、光明をみつけたんです!
auのフルサポートプランの説明に、「フルサポートコースなら「誰でも割」の契約解除料は掛かりません」の表記が!!!
(http://www.au.kddi.com/kaikata-select/service/full.html)

でも、私は2年経過後に更新してしまっているので、このルールが適用されるのか、否かは不明です。

auのお姉さんに聞いてくることにします。 乞うご期待!

« 第三のビール何飲んでます?(トップバリュー) | トップページ | ジャムって高いですよね・・・。 (フレッツ) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯料金の隠された無駄を発見 (au):

« 第三のビール何飲んでます?(トップバリュー) | トップページ | ジャムって高いですよね・・・。 (フレッツ) »