フォト
無料ブログはココログ

amazon

  • 3M スコッチ 超強力両面テープ
  • Asus Zenfone 5 LCD液晶ディスプレイスクリーン
  • メンテナンスツール
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 携帯のパケット料を劇的に節約する(au) | トップページ | HDD入替に便利なフリーソフト2本(フリーソフト) »

2011年1月26日 (水)

古いパソコンの高速化に有効だったのは・・・?


諦めかけていた古いパソコンの高速化が意外な方法で・・・。

以前に書いたことがありますが、私が現在使っているパソコンは既に8年目に突入した4世代くらい前のデスクトップパソコンです。
メーカーはdellでdimension8300という当時はハイエンドモデル(笑) をフンパツして買ったんですが、CPUだけでも、現在までモデルチェンジをPentium→PentiumD→Core2Duo→Core2Quad→Corei7→Corei7サンデイブリッジへと繰り返しているのを考えると5世代前になるんでしょうか。

今日行ったツクモ電気のお兄さんに言わせると、、

「お客様のPCと比較すると、このモデルは10倍以上の速度となりますね。」

っておい! もう少し気を遣えよ!!!
馬鹿にしてんのか!!!!!!(゚□゚*)
と、被害妄想に近いものを感じましたよ。

「お客様のパソコンで10時間掛かる動画編集が1時間以内に終わりますよ!」

うるせー!10時間待てばいいんだろ!!!!

ちなみにそのパソコンは10万円切ってましたね。ええ。
私のパソコンは当時28万円のを特価22万円位で購入したものです。

まぁ本当に安くなったので、こつこつお金を貯めて買い換えるのを夢見ていますが、あと2~3年はムリのような気がします。(貧乏ですからね。)

それでも、メモリ増設(3GB)、光学ドライブ交換(DVDマルチ)、CPU交換(3.4Ghz)、グラフィックボード交換2回、電源容量アップ(400w)と着々と無駄遣いを続けて、マザーボードとケース以外は全部交換しているんですね。
先日2回目のグラフィックボード交換で、AGP規格では限界に近いRADEON HD4650を搭載して、さすがにこれ以上はムリだろうな・・・と自分の中ではやりきった感で一杯だったんですよ。

HDDは最初からRAID0(ストライピング=同時に2台のHDDに分散してデータの書き込み・読み込みを行う高速化技術)で120GB×2台=240GBをシステムドライブに設定するという、危険極まりない仕様と引き替えに爆速だったので、手を付けていなかったんです。
HDDドライブ自体もSeagateの「ST3120023AS」という、当時では高速な部類に入るモデルでした。(サスティーンデータ転送速度71.6MB/s、平均シークタイム9ms、バッファ8MB)

110126hdd
システム容量も240GBあれば充分だったんですが、正月早々Steamでアホなゲームセットで40本近く買ってしまった(こちら参照)ので、日に日にゲームをインストールして消化していったので、Cドライブの容量が増えていきました。(このままでは残り20本以上インストール出来ません・・・。)

そんな訳で、仕方なくHDDの容量アップを図ることにしましたが、貧乏なので再度RAIDを組むお金も元気も無く、容量だけ余裕を持って、1TBの平凡なHDD(Seagate ST31000528AS 約5,000円)を1台だけ買ってきたのです。

時間がもったいないので、速度が落ちても関係ないぜ!と、現在の環境をそっくり新HDDに移行して、起動してみると・・・

ナニコレ!? 激速!!!

もう目からウロコですよ。
RAIDだからこれ以上速くならないだろうなーと思って着手していなかったHDDが実は一番、脚を引っ張っていたというこの事実・・・。

(゜◇゜)ガーン

110126hddbench
普通にシーケンシャルリード/ライトで100MB/S超えてるんですけど・・・。

※パソコンがSATA150規格なのでかなり良い数字です・・・。

ちなみに以前のHDDでは40~60MB/Sでしたので2倍近い数値です。
というか、RAIDなのに、どうしてこんなに遅かったのか、改めて疑問・・・。
HDDのどちらかが不調だったのか?RAIDカードが不調だったのか?

ST31000528ASのスペックを探してみると、「サスティーンデータ転送速度125MB/S、バッファ容量32MB、平均シークタイム8.5ms」と、容量だけじゃなくて、性能も劇的に向上していたのでした。
当然プラッタも2枚(500GB×2枚、デカ!)で効果的。

いやぁ、思いも寄らないところで、パソコンがすごい高速化されて、ストレス激減しちゃいましたよ。
これで・・・あと2年はがんばれる!?

「どうだ!ツクモの兄ちゃん! 9.5時間位には縮まったぜ!」

ふるーーーーいパソコンで古いHDDのまま使用し続けている方は、お試し下さい! SSDよりもお金が掛からず、高速化できますよ~。

« 携帯のパケット料を劇的に節約する(au) | トップページ | HDD入替に便利なフリーソフト2本(フリーソフト) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古いパソコンの高速化に有効だったのは・・・?:

« 携帯のパケット料を劇的に節約する(au) | トップページ | HDD入替に便利なフリーソフト2本(フリーソフト) »