フォト
無料ブログはココログ

amazon

  • 3M スコッチ 超強力両面テープ
  • Asus Zenfone 5 LCD液晶ディスプレイスクリーン
  • メンテナンスツール
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« Xperia(SO-02G)のバッテリーを交換してみました | トップページ | マキタ電動式クリーナー4076DWのニッカド電池を交換しました »

2018年8月27日 (月)

洗面台の蛇口カラン(TOTO製TL846AX)のぽたぽたを修理しました

親戚から洗面台の水道蛇口から水がぽたぽた落ちて止まりにくくなてちるのだが、なんとかならないか?と相談を受けました。
 
水道設備業者を呼んだところ、「古い蛇口(カラン)なので既に部品がない」「新しい蛇口に換えるしかない」「値段は特殊な蛇口なので7万ほどかかる」等と言われたそうです。
これって、設備業者の常套句なんですよね・・・。
 
そもそも設備業者はその水道蛇口がどこのメーカーのいつのモデルなのか調べてもいないという。
住宅の設備関連でトラブルが起こるのって、建ててから10年から15年くらいが最も多いと思います。 
 
新しいうちってあんまりトラブルってないですから。
親戚の家は建ててから15年目で、蛇口はTOTOのサーモ水栓でした。
 
Dsc_0008_2
なかなかクセのある蛇口です。右のサーモハンドルで温度を調整して、上のレバーで水量を調整するタイプです。最近はワンレバーが主流なので、お風呂以外ではあまり見ないかもしれません。
 
ハンドルを閉めても、水がぽたぽた落ちてくるということは、ハンドル部分のパッキンが劣化していることが大半です。
 
この部品は皆さんが考えている以上に長い年月供給されているものが多いのです。
先述の通り、劣化してトラブルが発生するのは、10年以上経過してからが大半ですので、メーカー側もそれを想定してパーツを用意しています。
 
部品について調べる時には、蛇口のメーカーサイトで検索すると良いでしょう。
今回はTOTOでしたので、TOTOのホームーページの蛇口検索のページを利用しました。
 
Photo

このように水栓の見た目から探せるようになっています。 
 
2_2

「TL846」というモデルであるようです。派生モデルが沢山ありますが、基本となる蛇口部分は寒冷地モデルか、一般地モデルかの差こそあれ、大きな違いは無いようです。
ここで分解図や商品図などをPDFで観ることが出来たりします。
分解図を観てみると、
 
03
 
蛇口の部品構成が分かります。図中に「補修部品の供給は終了しました」と書かれています。
この言葉を信用すれば、この蛇口が破損した場合は修理できない・・・という結論に至ってしまうのも無理はありません。
ところが、蛇口の内部の主要な部品、特に蛇口の水を止めるためのバルブや、コマと言われる部分は、他の蛇口と共用していたり、製品自体が廃番になっても入手できたりすることが多いのです。
 
Googleで「TL846 バルブ」などと検索してみます。 
 
04

沢山バルブの通販サイトが見つかりました。アマゾンでもあったので、アマゾンから購入することにしました。バルブの型式は「TH673R」で購入当時は2473円でした。安いです。
 
探せば、先端の「コマ」部分だけでも、合うものがあるように思いましたが、バルブ自体も消耗していると考えて、バルブごと交換することにしました。
 
(ちなみに、TOTOのCOMETというサイトでバルブの型式TH673Rで検索すると構成部品の図がありますので、調べてみると、コマ部分の型番は「9B1207」であることが分かりますので、その型番を検索すると500円前後で販売されていることが分かりますね)
部品が入手できたので、交換作業をします。
 
Dsc_0010Dsc_0011

洗面台の下を開いて水とお湯のバルブを締めます。バルブが無かったり分からない場合は、元栓をしめても良いです。
 
Dsc_0016
ハンドル上のキャップを取り外します。隙間にカッターか細いマイナスドライバーを入れてこじると浮いてきます。樹脂製の部品なので傷が付かないように気を付けて下さい。
 
Dsc_0017

キャップが取れたらネジを取り外します。外したらバルブの下の隙間にマイナスドライバーなどを差し込んで、こじってハンドルを外します。
 
Dsc_0018
ハンドルが抜けました。白い樹脂パーツも外します。
 
Dsc_0020
バルブの上の六角形のナットがありますので、レンチなどで左に回してバルブを外します。
 
Dsc_0022

これがバルブとコマの部品です。このコマ部分が水を流したり、止めたりしている肝心の部品になります。
 
Dsc_0026
上が新品のバルブで、下が取り外したバルブです。ずいぶん変色していますね。
 
Dsc_0028
新しいバルブをスパナで右回転して固定します。パッキン部にシリコングリスを塗っておくと良いです。
あとは、白い樹脂のリングを取り付けて、ハンドルを取り付け、ネジで締めて、キャップを被せて、おしまいです。
 
Dsc_0029

やさしい力で「スッ」と水が止まるようになりました。
親戚からも大変感謝されて、やったかいがありました!
 
元々「交換に7万円かかる」という話から始まっているので、喜びもひとしおでしたよ。
 
私が今回言いたかったのは、設備業者の言う「部品が無い」「廃番だ」というセリフを鵜のみにしないで調べてみましょうということです。
設備業者は直ぐに修理の結果が出したいのと、一定の儲けを確保する為に、安易に交換を薦めてくることが多いのです。
確かに500円や3000円程度の部品を何度も足を運んで交換しても、儲けなどは知れています。
 
それでも、まだ使えるのに何でも交換するのはもったいないです。
参考までに他のメーカーの検索サイトも載せておきます。
 

« Xperia(SO-02G)のバッテリーを交換してみました | トップページ | マキタ電動式クリーナー4076DWのニッカド電池を交換しました »

D.I.Y.」カテゴリの記事

コメント

TOTOのサイトで型番を突き止めたところまではいったのですが、型番や外し方が分からなくて困っていましたが、おかげさまで助かりました。

お役に立てたようでなによりです。
変わったカランですよね。

初めまして。うちのはかなり古い洗面台ですが、部品も通販で調達できるとの事で、このページを参考にしながら自分で挑戦してみようと思っています!助かります。
ちなみに、シリコングリスを塗るパッキン部とは、どの部分ですか?初歩的な質問ですみません。

初めまして。うちはかなり古い洗面台ですが、部品も通販で調達できるとの事で、このページを参考にしながら自分で挑戦してみようと思っています。
ちなみに、シリコングリスを塗るパッキン部とは、どの部分ですか?初歩的な質問ですみません。

ゆうりさんこんにちは
ご自身で挑戦してみようと思ってるんですね。
シリコングリスを塗るパッキン部とは、バルブをねじ込む部分です
Oリングと呼ばれる部分です。
塗らなくても大丈夫ですけど、塗っておくとより安心だと思います。
シリコングリスは温度変化に強いので。
工具はパイプレンチが1本あると便利ですよ。

投稿が重複してしまいました…。
お返事ありがとうございます!
この写真で見る、紫のゴムの部分ですね?
あともう一つお聞きしたいのですが、右側のサーモハンドルが固くて回せなくなっているんですが、直す方法はありますか?

そうです紫のゴムリングの部分ですね。

サーモハンドルが固いということですが、サーモ部分にはゴムのリングが多数使われていて、これが劣化すると固くなってしまうのです・・・。
応急処置的には、サーモ部分を取り外してシリコングリスを塗る・・・という方法がありますが、一時的な対策にしかなりません。
サーモを取り替えるのが一番なのですが、部品図には部品供給が無いような表記がされていますよね。
一般的には何種類かの水栓カランに合うようにパーツが作られているので、探せばあるかもしれません。
いま、ざっと探してみましたが、見付けられなかったです・・・。

ちなみにこのカランを普通のシングルレバーの混合水栓に替えることも可能ですよ。
特殊な工具が一ついりますが、一般の人でも出来ると思います。

さがしたら適合するサーモバルブありました
TH5B0027
これで検索したらいいと思います。
かなり高額ですね。
浴室のシャワー水栓なんかと比べると倍くらいします。
交換するとすいすい動くようになりますが、サーモはあまり頻繁に動かすところじゃないので、使える内は使った方がいいかもしれないですね。

我が家の浴室シャワー水栓は17年目にして交換しました。
まだ記事はアップしてないですが、いずれアップしたいと思います。

色々と調べて下さり、ありがとうございます!適合する部品もあるのですね。なかなかのお値段…当面はグリスを塗る方法で様子を見てみたいと思います。サーモ部分を取り外そうと思ったのですが、どのようにして外すのですか?外し方やコツを教えていただけませんか。何度も質問ばかり、すみません💦

このカランは分解したことがないので詳しいことは言えませんが、参考になるかと思い、以前浴室のサーモを交換した時のことを、急遽新しいブログにアップしてみました。
INAXのカランなので、多少違うと思いますが、基本的な構造は変わらないのではないかと思います。
参考になれば幸いです。

新しいブログ、拝見しました。
参考になります。ありがとうございます。

まずは水栓のポタポタから取りかかろうと思います。近くのホームセンターでバルブ取り寄せも可能でしたが、送料込みでもAmazonの方が若干安かったので、早速注文しました。
アップしてくださっている写真がとても分かりやすいので、見ながら頑張ってみます!

先日、バルブが届きましたので、早速交換してみました。ハンドルの内側に固くはまり込んだ、ギザギザの部品を引っこ抜くのに苦労しましたが、他は順調に作業でき、無事に交換完了!
ポタポタから解放されました。
参考にさせていただき、本当に助かりました。

次の課題のサーモハンドルは、外せる気がせず…どうやら引っ張って外すタイプのようですが、びくともしません(泣)
これは、また気長に考えたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Xperia(SO-02G)のバッテリーを交換してみました | トップページ | マキタ電動式クリーナー4076DWのニッカド電池を交換しました »